DHAの効果。

脳の活性化に役立つ効果や、生活習慣病の予防に役立つ効能などから、DHCやサントリーなどの有名メーカーからサプリメントが販売されている人気の栄養素です。
日常の食品から簡単にEPAを摂取できるレシピ集や、サプリの選び方も掲載していますので、しっかりと学びましょう。

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは?

話題のDHAとは、EPAとともに主にマグロやイワシなどの青魚の脂に多く含まれている不飽和脂肪酸と呼ばれている栄養素です。
(不飽和脂肪酸については、EPAの効果で解説しています。)

では、DHAとEPAは、一体なにが違うのでしょうか?

EPAとDHAは血液の流れを良くし、動脈硬化などの生活習慣病を予防するなど、似ている効果を持っています。
しかし、中性脂肪を減少させる効果についてはEPAの方が高く、コレステロールを下げる効果についてはDHAの方が高いと言った、それぞれの得意分野も持っているのです。

すばらしい効果を解説。

みなさんが、一番気になるDHAの効能について記載しておきますので、食品やサプリメントを上手に利用して、日々の健康に役立てて下さい。

子供の脳の発達を促進させます!

DHAは、脳の発達段階において必要不可欠な栄養素であるため、成長期にしっかり摂取することで、健全な脳が育ちます。

外国の研究者の中で、欧米諸国と比べて日本人の子供の知能指数が高いのは、DHAを多く含んだ魚をよく食べるからとも言われています。

また、胎児の頃から脳は少しずつ成長していますので、妊婦さんにもしっかりと摂取していただきたい栄養素です。

脳の活性化に役立ちます!

頭の回転が遅い人と、早い人との違いには、脳内における情報伝達の役割を果たしているシナプス(神経細胞)の量に差があると言われています。

DHAは、シナプスで神経の伝達を活性化する働きを持っているため、判断力や集中力の向上だけでなく、痴呆症の防止効果にも期待されます。

また、脳が柔軟になると脳力がUPすると言われていますが、DHAには細胞膜を柔らかくする効果もあります。

脳卒中や動脈硬化などの生活習慣病を予防します!

DHAは血液中のコレステロールを下げ、血液をサラサラにします。

また、中性脂肪を下げる働きもありますので、脳卒中や動脈硬化をはじめとした生活習慣病の予防に役立ちます。

DHAは視力の向上にも役立ちます!

目の中には、脳以上に高濃度のDHAが存在しており、網膜や視神経に重要な栄養素であるため、しっかりと摂取することで、視覚からの情報をスムーズに脳に伝えることができると言われています。

アトピー性皮膚炎を改善に役立ちます!

アレルギー反応の抑制に役立つDHAは、アレルギー疾患の代表であるアトピー性皮膚炎の改善に役立ちます。

過去にアトピー性皮膚炎患者を対象に有効性を検証したところ、50%に上る改善傾向が見られたとの報告もあります。

妊婦さんにも大事な栄養素です。

妊娠中には、葉酸をはじめ様々な栄養素が必要になってきますが、上記でも記載しているとおり、DHAも胎児の健全な脳の発育に関与しているため、妊婦さんには大事な栄養素なのです。

オーストラリアの医学誌「Archives of Disease in Childhood」によれば、魚油を摂取した妊婦から生まれてくる子供は、視覚と手の協調関係が優位に優れていたことを掲載しています。

また、妊婦さんには下記の栄養素が必要だと言われています。

  • 葉酸
  • ビタミンB12
  • カルシウム
  • 鉄分
  • 亜鉛
魚で摂取する際の注意点。

今現在妊娠中の方、又はこれからお子さんが欲しいと思っている女性にとっては、妊娠中にDHAを多く摂取することの大切さがお分かり頂けたと思います。

しかし、魚からDHAを摂取する場合には下記のような注意が必要となります。

実は、DHAを多く含むマグロ等の大型魚には水銀が含有されていることがあり、たくさん食べ過ぎると、生まれてくる赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があると言われています。

このことは、厚生労働省から発表されていて、注意を呼びかけているところですので、安全性のために、サプリメントを利用することも大事です。

注意事項!

・本サイトの利用は、EPAの効果のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 epa-dha.com. All Rights Reserved.